振袖の起源および着用できるのは何歳までなのでしょうか?

振袖というと大抵は、未婚または若い女性が着用するもので、成人式か結婚式の披露宴で着用するもの、という認識だと思います。
いずれにせよ、フォーマルで格式の高い品格を求められる際に着用するものですが、もともとは男女ともに大人より体温の高い子供が、動きにより発する熱気を逃し体温を一定に保つために、と実用的に着用されていたものだそうです。
これが江戸時代初期に入ると、振袖の袖を振って愛情表現をするという意味で未婚女性が着用するようになったのです。
また既婚だとその必要はなくなるために袖が短くなった、ともいわれています。
そして江戸時代後期より女性が関所を通過する際、身分を証明する必要があるために着用したことが、現代に至るまで未婚の若い女性のみが着用するものとして認識されるようになった所以だそうです。
しかし、現代において実は特に何歳まで着用してよいなどのルールはないそうです。
なので若すぎないか、柄や色味が派手すぎないか、といったことに注意すればおおよそ30代までは着用しても非難されることはないようです。
また最近では御所車や鞠、草花といった古典柄が再び人気のようで、購入するよりもレンタルで済ませる、といった感覚が浸透してきているとのことです。

振袖の種類と正しい装い方

着物のうちで最も華麗で美術的なものが本振袖で、手を下げるとくるぶしくらいまである長い袂、豪華な文様は着る人の美しさを一層引き立たせてくれます。
中でも地色が黒く染め抜き五つ紋のものはミスの第一礼装とされ、一昔前の結婚式の花嫁の本衣装とされていました。
花嫁衣裳は最近では白無垢や色内掛けが主流になり、お色直しや披露宴で着用されることが多くなっています。
中振袖は成人式や卒業式、各種パーティーなどに着られる略礼装の着物というものであり、実際に着たり、多く目にする機会がある着物です。
柄などにそれほど制限はなく、古典的な柄から現代的なモダンな柄まで様々になっています。
手描き友禅染め、絞り、型染めなどの技法で染色され、染め上げた上から刺繍を施したり、金箔や銀箔で豪華に仕上げられています。
合わせる帯は格調のある金や銀が入った袋帯を用います。
古典的な柄には古典的な帯が合い、モダンな柄には無地に近いものの方がすっきりしてステキかもしれません。
小振袖は一番袖が短いものであり、パーティーなどに気軽に着られます。
一般にあまり市販はされていない着物であり、新しい感覚の着物といえるものです。
袖が短いですがこちらもミスの礼装という認識があるので、ミセスの方は注意が必要となります。

Favorite

ブーケ 保存
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/sport20/
懐中電灯の販売
http://goodtoku.com/
介護用 車椅子
http://kaigoyouhinn.com/
オリジナルネックストラップの販売
http://www.neck-strap.jp/
松山市 ゴミ
http://csk-street.com/ehime.html
ご当地グルメ 通販
http://www.umai-miyagi.com/
誕生日祝いに贈る絵本
http://www.rakuten.co.jp/iicoto/
飲食店 転職
http://10409.jp/

2015/7/3 更新